hidden melody

There is no meaning, but
There is only one passage to hidden garden.
はじめに
こちらは、趣味で文章やおはなしを書いている“もとこ”のブログです。
以下のweb拍手を利用して、匿名でのメッセージやご感想なども受け付けております。

web拍手

どうぞよろしくお願いいたします。





00:00 - - -
「朽木桜奇譚」通販について
 「朽木桜奇譚」製本版の通販のご案内です!(無事にこうしてお知らせができることをとっても嬉しく思います(*´ω`*))

sakura_cover
「朽木桜奇譚」
 A6文庫サイズ/本文20P/表紙フルカラー/初回のみ中綴じ製本
 本体価格400円

 ※先のブログ記事で「価格は200円程度になりそう」と書いたのですが、仕様の関係で初回印刷分はちょっとお高くなってしまいました。ごめんなさい🙇
 ※<あんしんBOOTHパック>を利用しての通販になります。恐れ入りますが送料310円をご負担ください。

 冊子単体の商品と、無料配布の300字ポスカ2種をお付けした商品を、BOOTHのショップには登録しました。お好みでお選びくださいませ。
 こちらからどうぞ ☞ Hidden Garden(BOOTHのショップサイトが開きます)
 発送は10/3以降の予定です。

 ほんとにうすくて、ささやかなご本であるのに、ご負担をお願いする金額がそこそこになってしまい申し訳なさも感じてます💦
 でも、自分で言うのもなんですが、お話のイメージに合ったかなりよいご本にできたと思っています。お手元に迎えて触れて頂けたら、とってもとっても嬉しいです。

 どうぞよろしくお願い致します!

(web拍手のボタンです)
18:00 offline - -
「朽木桜奇譚」を製本します
 2012年の春に公開した「朽木桜奇譚」という7千字ほどの短編があります。現在はカクヨムに置かせて頂いているお話です。幸運なことに、そこそこ多くの方に触れて頂いている作品で、また、読んでくださった方の多くに、何かしら感慨を持って頂けている作品でもあります。今回、そのお話を製本してみることにしました。試行錯誤しながら原稿を整え、ようやく入稿の目処がたってきましたのでここに記してみている次第です^^

 web版との相違点は無く(推敲して文章の修正はましたが、web版もその内容に揃えます)、書き下ろしなどもありません。フルカラーのうつくしげな表紙は用意しましたが、ほんとうに、既出のお話にただ紙のかたちを持たせただけのものになります。A6サイズで本文20Pの、ちいさくてうすい、ひっそりとした本に仕上がりそうです。頒布の際、価格は200円程度になりそうです。頒布の方法は…具体的には未定ですが、通販になります。

 今日は取り急ぎ、そんな進捗をご報告したくてブログを書きました。
 ほんとうはもうちょっと、製本作業をしていて感じたことなどにいろいろ書き留めておきたいこともあったのですが、それはまたいつか^^
 
(web拍手のボタンです) 
11:00 offline - -
<第6回300字SSポストカードラリー>ありがとうございました!
 ご報告が遅れましたが、先の記事で告知させて頂きました<第6回300字SSポストカードラリー>への委託参加、無事に終了いたしました。
 いまだ興奮冷めやらず…という感じで。私のポスカをお手に取って下さった方がもしもここをご覧になることがあれば、とにもかくにも「どうもありがとうございます」とお伝えしたい気持ちでまだまだ胸がいっぱいでいます。

 初参加でしたし、わざわざ印刷所さんに刷って頂いてまで、どなかたのお手に取って頂けるようなことがあるのだろうか…と不安にどきどきしていましたが、そこはやはり企画自体のネームバリューや魅力に助けられ、代行購入サービスが行なわれた時点で私が想定していた以上の枚数が配布されてゆきました。

 そして、先日、主催者様からイベント当日後の残数のご連絡も頂きまして。とってもありがたいことに、事前に考えていたよりずっとずっとたくさんの数を同好の士である方々に迎えて頂けたようで、とても嬉しく思っております。

 それと、もうひとつ、残数を見てよい意味でちょっとどきどきしたことがありました。お知らせの通り、私はポスカ2種での参加だったのですが、終わってみると残数に偏りがあったのです。
 それって、当日会場で中身に目を通して頂いたうえで、一方を持ち帰ろうと選択して下さった方がいたということなのかな…?と…。勝手によいように妄想しているのですが、もしもそういうことがあったのだとしたら、すごく素敵なことだなって。目に留めて頂ける、というのがまさに私の憧れていた体験でしたので、それが叶った結果の残数の偏りだったら嬉しいなって、そう思っています(´ω`*)

 まだこれからweb公開もあり、残数についても主催者様による継続頒布もあり、すべてが終わったわけではないのですが、とても素敵な、ちょっと夢のような体験をさせて頂いて、すっかり感動しています。印刷物で人と関わるというのも、いいことなんですね…的な…。

 私は生活環境などの事情でイベントに参加することは(おそらくほぼ絶対に)できないので、今まで製本などにはまるで消極的だったのですが、テキレボさんには委託参加という選択肢があることなども今回知って、夢や憧れが膨らみはじめたところが少々あります。

 いろんなこと、どうなっていくかわかりませんが…胸のうちにちょっとひっそりと、目標などは、生まれてます。
 いろいろ叶うといいな。
 相変わらずいろいろと、誰かや何かを羨んではぐらぐらしたりすることもあるのですけど、いろいろを叶えるのはほかでもない自分自身のちからなので、腐らずに、前進していけたらいいなと思います( ˘ω˘ )

ぴかぴか 第6回300字SSポストカードラリー

(web拍手のボタンです) 
19:00 other - -
<第6回300字SSポストカードラリー>参加します
 先の記事にも書きましたが、「第7回Text-Revolutions」内で開催される<第6回300字SSポストカードラリー>に委託参加します。
 ポストカード2種の印刷を無事に済ませ、残るは主催者様宛に現物をお送りするのみの状況になっています。
 第7回Text-Revolutionsのwebカタログにも書影を掲載して頂きました✨

1.別離の音 https://plag.me/p/textrevo07/5491
2.いつかは夜を越えて https://plag.me/p/textrevo07/5492

 「別離の音」は、クラシカルな雰囲気の、かなしくさびしい話。
 「いつかは夜を越えて」は、現代物のつもりで書いた、さびしさからささやかな希望に向かってゆく話。

 …のようなイメージを、それぞれ自分では持っています。

 主催者様には各50枚をお預けします。代行には15枚を上限とさせて頂きました。
 無料配布ですし、ひとつでも多くのよい出会いがあるといいなと願っての参加ですので、お気軽にお手に取って頂けると嬉しいです(*´ω`)
 イベント後はweb公開にも参加させて頂こうと考えていますので、紙であることにこだわらない方には待っていて頂ければそのうちwebで読んで頂けます!
 ですけども、私自身は今回は、紙の状態でどなたかのお手元に届くことに夢やロマンを感じていますので、できることならポストカードをお手に取って頂けますとたいへんたいへん喜ばしく思います(#^^#)

 以上、どうぞよろしくお願いできますととっても嬉しいので、どうぞどうぞよろしくお願い申し上げます!٩( ''ω'' )و

ぴかぴか 第7回Text-Revolutions
ぴかぴか 第6回300字SSポストカードラリー

(web拍手のボタンです)
14:00 offline - -
| 1/3 | >>